スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エリルちゃんと・・・

 いろあさ君に
「審査員なんてど~でもいいから、立ち絵キャラを描きやがれ。この、すっとこどっこい!」
 と罵倒されたので描いてみました、弐式です。

 小 峰 山  壮 一 郎 !!
だいぶ、原案から変えてみました。

「おや、誰ですかな」
(小峰山 登場)
宿直の先生か、白衣の男が入り口にいた。
「えぇ、実はここを宿にしようかと思いまして」
「………………」
男は私を、まるで何かを確認するかのように見回した後、
「また、ですか。仕方ありませんな、ついてきてくだされ」
ため息をついて、廊下の方へ歩き始めた。
夜の学校の廊下は、月明かりに照らされ淡い藍色。
味気ないはずの廊下は、怖さなど忘れてしまうくらいの美しい光を讃えていた。
「すみません、突然のお願いで、えぇと」
私は男に頭を下げる。
「小峰山です」

…カッコイイなぁ。
エリルちゃんと・・・

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Studio O.D.O

Author:Studio O.D.O
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。